庭木の伐採に適した季節と怪我をしない伐採にする

怪我をしたくないなら作業は「冬」がおすすめ

伐採に適した季節があり、その適した季節を選ぶことで怪我をすることなく安全に庭木の伐採をすることができます。

冬場の伐採なら安全性が高まる

庭木の伐採に最適な季節などありますか?
庭木の伐採に最適な季節は冬です。冬は乾燥しやすい季節でこの頃になると、草木も乾燥してきます。夏には成長するためにたくさんの水分を吸い上げて木全体に水分が行きわたっている状態です。そのため気が重たくなります。冬には葉を落としたり、木も乾燥してきたりして木が軽くなります。重さが軽くなることで、伐採がしやすくなります。また、軽いことで伐採後の処分もしやすくなります。これらのことを含めて、庭木の伐採は冬に行う方が良いです。

冬でも作業をやりづらい場所は業者にお願いする

庭の面積が狭い場所にある木や、伐採するには条件の悪い庭の場合には危険があります。手元が狂ってしまい、怪我をする可能性もあります。伐採をする前によく考えて、作業がやりづらい庭木の伐採はやめましょう。自分ではできないと判断したら、専門の業者に依頼しましょう。業者に依頼すると安全で、安心することができる作業で伐採を行えます。

切り方で作業のしやすさが変わる

庭木の伐採は、自分で行う際には切り口の切り方に注意しましょう。適当に切ると自分に木が倒れる危険があります。

切り口を刻めば倒したい方向に倒れる

庭木を倒したい方向に倒すには、まず倒したい方向に切り口を入れます。切り口の入れ方は、地面に対して水平な切り込みを3分の1ほど入れます。そしてその上に30°から45°程の角度でくの字に切り口を入れます。次に、くの字に入れた切り口の反対側に一つの切り込みを入れます。切り口の中心部分の高さと同じ高さに3分の1ほどの切り込です。その後は倒したい方向に気を倒します。簡単なようでコツが必要となる大変な作業です。経験のある業者であれば、スムーズに作業を進めることができます。

TOPボタン