庭木の伐採をするにはきちんとした準備と計画で怪我のないようにする

庭木の伐採をするときは道具を揃えよう

庭木の伐採には、木の大きさに合わせた道具や怪我をしないためにも、身の安全を守る道具をそろえることが必要です。

庭木の伐採に必要な道具

木こり用のこぎり
小さい木を切るようのノコギリの種類はたくさんあります。両方に刃がついているものや片方のみに刃がついているものがあります。刃の種類には大きく分けて2種類あり、木の木目に沿って切りやすい「縦引きのこぎり」と木の木目に対して直角に切るときに切りやすい「横引きのこぎり」があります。両方に刃がついているものは片方が縦引きで、もう片方が横引きののこぎりになっています。
チェーンソー
チェーンソーと聞くと、森で使うような大掛かりな電動のこぎりをイメージしてしまう人もいるかと思います。しかし、今ではDIY向けの小型のチェーンソーもあります。動力源が2種類あり、1つは電動式で少しパワーに欠けますが自宅のDIYに向いています。もう1つは、エンジン式でパワーがあります。木の伐採をするのであれば、電動式よりも頼りになります。

怪我から体を守る道具も必要

  • ヘルメット
  • ゴーグル
  • 手袋
  • 長ズボン
女性

ヘルメットは作業中に頭に、切った木や木の枝などが頭上に落下しても、頭を守ってくれます。ゴーグルは庭木の伐採中にでる切り屑などから目を守ります。手袋は、滑り止めのついたものを選び、伐採道具が滑らないようにします。長ズボンはチェーンソーや鋭い木の枝などから足を守る効果があるため、薄手のものではなく作業着が良いです。

怪我なく作業をするためには「ヒヤハリット」

庭木の伐採は、いろんな道具を使用し狭い敷地の中で行います。そのため、作業の内容と流れをしっかりと確認したうえで進めるようにしましょう。

安全を考慮すれば怪我をしない

スペースの確保
木が倒れることを計算してスペースを確保しないと、安全に作業をすることが出来ません。木の高さを量り、その木が倒れたときに家に当たらないかなど、十分なスペースがあるか考えましょう。余裕をもってスペースを取ることが大切です。
ヒヤリハットの共有
「ヒヤリハット」とは、作業中のリスクを考えて、「ひやり」としたり「ハッ」としたりすることを言います。このヒヤリハットを作業する人みんなで共有し、危険をどう対処するかを考えます。そうすることにより、安全に伐採作業をすることに繋がります。
TOPボタン